酒買い取りの査定方法はいくつかあるのでご紹介します

お酒を買い取りしてもらう時、実際に買い取りをする前に査定をしてもらうのが主流です。
査定というのは、そのお酒の銘柄や状態などを見て、どれくらいの買い取り金額になるのか判断してもらうこと。

買い取りはどんなものであっても、お客さんと業者の間に同意がないといけませんので、実際に買い取りを成立させる前にまずは買い取り査定を行ってもらうことになります。

もしその買い取り金額に満足できなかった場合は、業者と相談したり、実際の買い取りを断ることも可能です。
その買い取り査定の方法には様々あるので、酒買い取りを検討されている方は、ぜひあなたにとっていちばん手軽な方法を選んでくださいね。

酒買い取りの査定方法


酒買い取り業者は大宮に店舗を構えているところも多いですが、どんな買い取り方法を選ぶにしても、事前にお酒の買い取り価格を知っておくことは大切ですよね。

中には時間や手間の掛からない査定方法もあるので、その査定方法についても知っていきましょう。
今回は、酒買い取りにおける査定方法についてご紹介していきたいと思います。

電話査定

電話査定は、その名の通り業者の方に電話口で買い取って欲しい銘柄などを伝えながら見積もり査定を行ってもらう方法です。
その際、銘柄と合わせて、業者の方の質問に従って状態なども伝えていくことになります。

もちろん状態を伝えたところで、実際に見てみないといかほどの見積もり価格になるかは正確には判断することができませんので、あくまでも目安です。

ただ、電話査定ではリアルタイムでおおよその見積もり価格を知ることができるので、最もスピーディに見積もり査定を行うことができると言えますね。

特にスマホやパソコンの操作が苦手な方でも、電話で話しながら査定してもらうことができるので、ネット環境が苦手な方にもおすすめです。

写真査定

写真査定は、メールやLINEなどを利用して、買い取って欲しいお酒の写真を撮影して業者に送る方法です。
写真査定ならラベルを撮影することになるので、ラベルが読めない方にも安心ですし、そのお酒の状態も簡単に業者に伝えることができます。

多くあるお酒の査定方法の中でも特に正確な見積もり価格がわかりやすい方法だと言えますね。スマホの操作に苦がないのであれば、写真査定を利用することをおすすめします。

また、写真を送っておけば業者の方が査定してくれるので、業者の営業時間にとらわれず見積もり依頼をすることができるのも便利なところです。
私も酒買い取りの見積もり依頼をする際は、写真査定を利用して見積もりを依頼しました。

オンライン査定

オンライン査定は、酒買い取り業者の公式のメールフォームから名前や連絡先、売りたいお酒の銘柄などを書き込んでメールで送る方法です。
この際写真を添付できるかどうかはその業者によって異なりますが、専用のメールフォームに合う形で売りたいお酒の状態や銘柄を書き込んでいくだけで見積もりを出してくれます。

手元にお酒が無い仕事の合間などでも、銘柄などを書き込んで見積もり査定の依頼をすることができるのが便利です。

もし内容や状態等に不備があれば、返信などで状態や銘柄について質問が返ってくるので、それに従ってより詳しい情報を伝えましょう。
オンライン操作が苦手でなければ、オンライン査定もぜひ有効活用してみてくださいね。

FAX査定

最後に、最近では行っているところが減ってきていますが、FAX査定も定番です。
FAX査定では、指定の買い取り査定希望の用紙をプリントアウトして、そこに買い取って欲しい銘柄などを書き込んで業者に送る方法です。

FAXについてはFAX機能のある固定電話が無いと利用することができませんので、ある程度利用できる方は限られてはいるものの、便利な面も数多くあります。

例えば手書きで銘柄などを記入して業者に伝えることができるので、パソコンやスマホでの入力が苦手な方でも、非常に手軽に見積もり査定を依頼することができます。

固定電話が無い場合、最近ではコンビニのコピー機を利用してFAXを送信できるところもあるので、FAX査定に魅力を感じた方は、ぜひそちらを利用してくださいね。

まとめ

・電話査定:電話で業者と直接話しながら見積もり査定してもらう
・写真査定:業者に写真を送って銘柄や状態を確認してもらう
・オンライン査定:メールで銘柄や状態を伝えて査定してもらう
・FAX査定:FAXの専用用紙に銘柄などを記入して査定してもらう

以上のように、査定方法には多くの場合このような方法が存在します。
査定の早さ、正確さなどでそれぞれに特徴が異なるので、その中でいちばん魅力的な方法を選んでくださいね。

コメントを残す