酒買い取りを利用するメリットとデメリットをまとめました

もう飲む予定のないお酒を処分する際、酒買い取り業者を選ぶことは非常におすすめです。
酒買い取り業者は大宮はもちろん、全国各地で利用できるようになっており、様々なメリットがありますが、その一方でデメリットがあることも確かです。

では、酒買い取りを業者に依頼する、そのメリット・デメリットとは何なのか、まとめて行きたいと思います。
これから酒買い取りを利用しようと検討している方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

酒買い取りに頼むメリット


自宅に要らないお酒があるものの、処分に困っている、酒買い取り業者を利用するのはなんだか面倒くさい…。

そう考えている方は、まずは酒買い取りを依頼するメリットについて知るところから始めてみてはいかがでしょうか?きっと酒買い取りサービスの魅力を知るきっかけになりますよ。

処分できてしかもお金になる

まず、酒買い取りを利用すれば要らないお酒を処分することができる上、そのお酒をお金に変えることができます。
自宅の戸棚を圧迫したままでは、美味しいお酒もただの宝の持ち腐れになってしまいます。
そうなるくらいであれば、他にお酒が欲しい人に譲ってしまって、その分を正当な金額として財布の中へ。

酒買い取りを利用することで、処分とお小遣いゲットの一石二鳥が実現するということから、今利用者が年々増えているんです。

私も酒買い取りを利用してコレクションのほとんどを処分してしまったので、かなり良い金額になりました(笑)

使い方次第で家からでなくて済む

また、酒買い取りの方法は様々存在します。

実際に店頭にお酒を持って行って買い取ってもらう方法もありますが、その他にも出張買い取りや宅配買い取りなどの買い取り方法も一般的になっています。

特に、大量のお酒を買い取って欲しい、高額なワインを持ち運ぶのが怖いという方は、店頭買い取りではなく出張買い取りや宅配買い取りを利用するのもおすすめです。

これらの方法の場合、電話やメールを利用することでわからないことはすぐに質問することができるので、初めての酒買い取りの方も安心ですね。

業者と直接会わずに買い取りを実現させることも可能

様々ある買い取り方法の中でも、宅配買い取りを選べば業者と直接顔を合わせる必要もありません。見ず知らずの人と買い取り金額で揉めるのは嫌だ、顔を合わせると聞きたいことを聞けないといった性格の方でも、気軽に利用することができますよ。

酒買い取りに頼むデメリット


酒買い取りを利用することに興味を持っていただけたでしょうか?
ですが一方で、酒買い取りを利用することにはデメリットもあります。
一体どんなデメリットがあるのか、合わせてご紹介いたしますね。

手間がかかってしまう

店頭買い取りをするにしても、出張買い取りや宅配買い取りをするにしても何もしないことより手間がかかることは事実です。

お酒の銘柄を調べたり、お店の営業時間に合わせてスケジュールを組まなければいけないので、余計に面倒に感じる方もいらっしゃるかもしれません。

ですが、処分とお小遣いゲットが実現するなどのメリットを考えると、その程度の手間は苦ではないという方が多いのも事実です。

査定額が業者によって変わる

お酒の価値や取り扱いについては、業者や鑑定士によっても異なります。

特にお酒の価値の判断については多くの業者で違いがあります。
私自身、お酒を買い取ってもらう際は複数業者に依頼していますが「お酒Aは業者Aの方が高いけれど、お酒Bは業者Bの方が高い」など、買い取り価格はバラバラです。

その中で、累計買い取り額が一番高いところを利用するようにしていますが、すべてのお酒をどこよりも高く買い取ってくれる業者というのはほとんどのケースでありません。

まとめ

酒買い取り業者を利用することにはメリット、デメリット両方が存在します。

【酒買い取り業者を利用するメリット】
・不要なお酒の処分できてお金になるので一石二鳥
・出張買い取り等を利用して、自宅で買い取りを済ませられる
・宅配買い取りを利用すれば業者と顔を合わせる必要もない

 

【酒買い取り業者を利用するデメリット】
・買い取りの際にはどうしても手間が掛かってしまう
・業者によってお酒の査定額はまちまち

以上のように、酒買い取り業者を利用することには様々なメリットとデメリットが存在します。

確かにデメリットが存在することも事実ではありますが、そのデメリットを鑑みても、酒買い取りには多くのメリットがあります。
酒買い取り業者を利用することに魅力を感じた方は、まずは気になる酒買い取り業者選び、そして無料見積もりから始めてみてくださいね。

コメントを残す