酒買い取りしてもらう方法は3種類あります

ひとことで酒買い取りと言っても、その方法や形式には様々な種類があります。
お住いの場所、買い取って欲しいお酒の量、高級酒の有無、ご自身の体力や移動手段など、様々な状況により、おすすめの酒買い取り方法は違ってきます。

その方法にはそれぞれメリットとデメリットがあるので、酒買い取りを検討している方は、ぜひこれらの方法の流れや特徴について知っておきましょう。

酒買い取り方法3種類


今回は、それぞれの酒買い取り方法がどのような方法なのか、どういった良さがあるのかについてまとめていきます。
酒買い取りの方法は全部で3種類。その特徴について知って、いちばん魅力的だと思える買い取り方法を見つけてくださいね。

店頭買い取り

まずは店頭買い取りです。手持ちのものを買い取ってもらう、という方法の中ではいちばん一般的な方法と言えるでしょう。
業者の構える店舗に手持ちのお酒を持ち込んで、その場で鑑定士の方にお酒の価値を見積もってもらい、買い取りを依頼するというものです。

【店頭買い取りの特徴】
・ほとんどが予約の必要がなく、アポなしで持ち込むことができる
・その場で査定、現金化してもらえる
・業者側のコストがあまり掛からないので、査定額に還元してもらいやすい

店頭買い取りの場合は予約の必要がなく、すぐに現金化してもらうことができるので、すぐに買い取ってもらってお金を手に入れたいと考えている方におすすめです。
その上、店舗買い取りの場合は他の買い取り方法よりも業者側のコスト、人件費があまり掛からないので、その分査定額を少し高めに出してくれるところも多いです。
当然お酒を業者の持つお店まで持っていくという過程で、お客さん側はある程度の労力を必要とします。
ですので、店頭買い取りは自分で持ち運べる程度の少量のお酒の場合におすすめします。

宅配買い取り

宅配買い取りは、段ボールなどに買い取って欲しいお酒を梱包して酒買い取り業者に郵送し、業者は届いたお酒を査定して電話やメールなどで見積価格をお知らせします。
ここで買い取りが成立したらそのままお酒は業者の手に渡り、銀行振込などで買い取り価格を振り込んでもらうことになります。

【宅配買い取りの特徴】
・事前の見積もり査定でおおよその買い取り価格がわかる
・業者とはメールや電話でやり取りするのみなので顔をあわせる必要がない
・買い取りが成立した場合、買い取り価格は銀行振込でゲットできる

もちろんお酒と買い取り価格にギャップがあってはいけないので、多くの業者では実際に宅配買い取りをする前に、銘柄などをメールで書き込むことで無料見積もりをしてもらうことができます。

また、宅配買い取りなら業者と直接顔を合わせる必要がないというのも大きなメリットですよね。
実際のお酒の状態によって買い取り価格が上下する場合はありますが、多くの場合はほぼ見積もり価格そのままの金額で買い取ってもらえますよ。

ダンボール1箱程度の量なら、宅配買い取りを選んでみるのも手軽で非常におすすめです。

出張買い取り

出張買い取りは業者の方に実際に自宅に来てもらって、自宅で買い取り査定を行ってもらい、見積もり額に承諾したらその場で現金で受け取るという方法です。

個人的には、いちばん手間が掛からない方法として出張買い取りは非常におすすめしたいです。

【出張買い取りの特徴】
・お酒を持ち運んだり、梱包する必要がない
・お酒の運び出しまですべて業者に任せられる
・自宅から一歩も出ずにお酒を買い取ってもらえる

多くの業者では、公式サイトなどから出張買い取りを依頼することができ、そこから査定、持ち出しまですべて業者が自宅に来てやってくれます。
自分で梱包する必要がなく、そもそも自宅から出る必要もありません。

お酒を買い取ってもらう方法の中でもハードルがいちばん低くなる方法だと言えますね。
特に大量のお酒を買い取って欲しい、買い取って欲しい高額酒があるけれど、自分で運ぶのは体力的にキツイという方におすすめです。

まとめ

・店頭買い取り:店頭に持ち込んで買い取りを依頼する。
最もスピーディに買い取りを済ませられる。

 

・宅配買い取り:郵送で買い取りを依頼する。
依頼から買い取り成立まで、業者と顔を合わせる必要がない。

 

・出張買い取り:業者に自宅に来てもらって買い取りをしてもらう。
梱包・外出の必要がなく、最も手軽に買い取りを済ませられる。

以上のように、酒買い取りには様々な方法があります。私個人としては出張買い取りをおすすめしたいですが、人によって、最も適した買い取り方法は違うでしょう。
それぞれの特徴を知って、あなたに合った買い取り方法を選んでくださいね。

関連記事:「大宮で酒買い取りするときの業者の選び方を教えます

コメントを残す