酒買い取りができないお酒について書きました

酒買い取り業者はどんなお酒であっても買い取ってくれる、というわけではないんです。
街のリサイクルショップであったとしても、ある程度商品として成り立つようなものでないと、買い取りを断られてしまいますよね。

特にお酒は口に入れるものですので、買い取りには十分に気を遣われているところが多いです。
当然、新品や買いたてのお酒はどこの酒買い取り業者でも買い取ってくれるでしょう。

では、買い取りを断られてしまうお酒とはどんなお酒なのか、ご存知でしょうか?

酒買い取りができないお酒


今回は、酒買い取りに出すことができないお酒の条件についてご紹介します。

ご自宅にこれらの条件に当てはまるお酒がある場合は、もしかすると買い取りを依頼することができないかもしれません。
そうなると、実際に酒買い取り業者に持っていったとしても買い取りを断られ、持っていき損になってしまいますので気をつけてくださいね。

開封されてる

お酒は実際に口にする食品の分類に入ります。
そのことから、誰が飲んだともわからない開封済みのお酒は買い取りを断られる可能性が高いです。

衛生的な意味ではもちろん、お酒の中にはたとえ一滴も飲んでいないものでも、開封しただけで大きく風味が損なわれるものもあります。
わかりやすいところで言えば炭酸ですね。炭酸の飲料はお酒でなくても開封すると炭酸が抜け、美味しさが損なわれます。

また、ワインの場合も空気に触れることで酸化して、旨味が損なわれてしまいます。
ただ、中にはバカラボトルのものや開封しても風味が損なわれにくい銘柄のものなど、開封によるデメリットの影響を受けにくいものについては買い取り可能なものも存在します。

かなりの量目減りしている

目減りとは、長い間ワインなどを保管しておくことで、ボトル内の液が蒸発して、ワインの量そのものが減ってしまうことです。これは未開封のワインであっても起こり得ることで、何年も長期保存しているとある程度の目減りは仕方のないことです。

この目減りによってお酒の風味そのものに深みが出て価値が上がるものもありますが、ほとんどの場合がその逆です。目減りすることで量自体が減りますし、渋みが増してしまい風味が損なわれてしまう可能性があるものも存在します。

これらの判断はワインソムリエなど知識の豊富な方でないと判断することが難しいです。
あまりにも目減りしていると、状態の悪いお酒ということで買い取りを断られるものもあるので、もう飲まないと確定しているお酒があるなら、劣化する前に早々に買い取ってもらうことをおすすめします。

賞味期限がある

これについては酒買い取り業者によっても違いがありますが、賞味期限のあるお酒についても買い取りを断られるケースがあります。
たとえば、缶ビールや缶チューハイ、量産品のカジュアルワインなどがそれに当てはまります。

理由は単純で、賞味期限を過ぎてしまえばそのお酒はもう販売することができないからです。
特に賞味期限が差し迫っているものは、どこの酒買い取り業者でも買い取りを断られてしまう可能性が高いです。

中にはお中元などでもらった缶ビールギフトを買い取りしてくれるところもありますが、それを利用する場合も、賞味期限に余裕を持って、できるだけ早めに買い取りに出してくださいね。

まとめ

酒買い取り業者は、お客さんから買い取ったお酒をそのまま他者に販売して商売が成り立っています。
そのため、あまりにも商品にならないお酒については買い取りを断られる可能性もあるので十分に注意しておきましょう。

・開封済みで風味が損なわれている・衛生面が怪しいお酒
・かなりの量目減りしていて、劣化が激しいお酒
・賞味期限がある、またはかなり期限が短いお酒

仮に以上のようなお酒が販売されていたとして、あなたは購入しませんよね。
このように、商品にならないお酒については買い取りは断られてしまうので、そうなる前に早く買い取りに出してしまうか、別の処分方法を考えてみてくださいね。

関連記事:「酒買い取りで高く売れるお酒はこちらです

コメントを残す