酒買い取りでなるべく高く売るコツはこうです

酒買い取りを利用することを検討されているみなさん。どうせ買い取りを依頼するなら、少しでも高く買い取って欲しいところですよね。

お酒の銘柄によっても相場はまちまちですが、実はちょっとした工夫によって、買い取り価格やお酒の価値を上げることが可能なんです。
では、どのようにすることで、お酒を高く買い取ってもらうことができるのでしょうか?

酒買い取りで高く売るコツ


今回は、実際に酒買い取りを検討している方のために、酒買い取りを利用してお酒を高く買い取ってもらうためのコツについてご紹介いたします。

買い取ってもらう前のちょっとした手間や工夫を行うだけで、買い取り金額は上がります。
買い取りに出す前に、少し時間がある方はこれらのコツを活用して少しでも買い取り金額をアップさせてみてくださいね。

お酒をなるべくたくさん売る

まず、酒買い取り業者の気分になって考えてみてください。
何人ものお客さんが少しずつ酒買い取りを依頼してきた場合と、1人のお客さんが大量の酒買い取りを依頼してきた場合、どちらの方が手間が掛からないと思いますか?

答えは後者です。1人のお客さんから大量のお酒を買い取る方が、圧倒的に手間を省くことができます。手間を省くことができるということは、それだけ買い取り価格に還元することができるということ。

つまり、お酒は一度にたくさん買い取りに出せば出すほど、1本ごとの買い取り単価は多く見積もってくれるところが多いんです。

業者によっては、まとめ売りサービスなどのように、大量買い取りによる買い取り価格アップの規定やサービスを用意している業者もあるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

お酒の状態をきれいにしておく

汚れやホコリの付いた汚いお酒よりも、新品同様の綺麗なお酒の方が状態が綺麗で、買い取り価格が高くなることは想像に難くないでしょう。

当然綺麗な方が買い取り価格が高く付く場合がほとんどなので、買い取りの前に拭き取ることができそうな汚れはできるだけ拭き取って、綺麗な状態にしておきましょう。

ただし紙製ラベルなどの場合は、無理に汚れなどを取ろうとするとラベルが破けて逆に買い取り価格がダウンしてしまうので、無理のない範囲で構いません。
できる範囲で綺麗にしてから買い取りに出すようにしてみてくださいね。

買った時と同じ箱や付属品などで売る

お酒には様々な付属品が付いているものもあります。替えのコルク栓はもちろん、箱やラッピング・・・。特に記念ボトルなどは様々な付属品やノベルティが存在します。

買い取りに出す際は、できるだけそれらの付属品を全て揃えて買い取りに出す方が価値が高くなるので、付属品の心当たりがある方はできるだけ探しておきましょう。

また、手に入れたお酒の箱類は極力捨てずに取っておくことも必要不可欠ですね。
特に限定もののお酒の場合は、付属品ができるだけ多いものの方が価値がどんどん高まりますよ。

まとめ

・大量買い取りを依頼すれば買い取り価格をアップしてくれる業者が多い
・できるだけ綺麗な状態にメンテナンスを行ってから買い取りに出す
・付属品がある場合は、できるだけ揃えて出すようにする

以上のように、お酒の買い取り価格を上げるコツは様々あります。
そのポイントは、できるだけ新品で販売されているものと同じ状態にしておくこと、です。

酒買い取り業者は、お客さんから買い取ったお酒を別のルートで販売することになります。
その上で、状態の良い綺麗なお酒の方が商品として重宝されるのは当たり前のこと。

酒買い取りを利用する予定がある方は、ぜひそのポイントを押さえて、満足のいく酒買い取りを実現させてくださいね。

コメントを残す